視力の基礎知識|レンズの度数・視力・屈折異常・過矯正・近視 乱視 遠視 老眼|免許の視力|メガネを掛けると眼が悪くなるの?

メガネレンズ交換/国内レンズメーカー激安

3980円メガネセットの激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネ

視力テスト無料/スポーツカーブも無料

スポーツカーブもOK!

よいメガネの
作り方

簡単な視力の
基礎知識

フレームの
基礎知識

メガネレンズ
てなに?

めがねおー
秋葉原店

めがねおー
上野御徒町店







メガネ








レンズ交換






























メガネ修理

秋葉原店

上野御徒町店

営業時間/11:00〜19:30:土日祝は19:00まで 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネ

視力の基礎知識,屈折異常,視力,度数,ジオプタ,弱度遠視,ランドル氏,裸眼視力,矯正視力,動体視力,完全矯正度数,眼の性能,過矯正,眼精疲労,免許の視力,視力,度数・裸眼視力・矯正視力遠方視力・動体視力・完全矯正度数・眼の性能・過矯正・眼精疲労・免許の視力・パイロット・自動車・二輪車・視力・度数・ジオプタ・弱度遠視・ランドル氏・裸眼視力・矯正視力遠方視力・動体視力・完全矯正度数・眼の性能・過矯正・眼精疲労・免許の視力・パイロット自動車・二輪車・メガネを掛けると眼が悪くなるの ・子供の弱度遠視

今人気のフレーム

オークリー クロスリンクのレンズセットも激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネ スポーツメガネ スポーツサングラスも激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネレイバンメガネ レイバンサングラスも激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネ人気の哀川翔 サムライ翔のメガネも激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネ

眼の基礎 視力? レンズ度数? 過矯正は恐ろしい 免許の視力 弱視 子供 オプトメトリー 屈折異常 

千葉・東京・埼玉・神奈川エリアの3980円メガネのめがねおー秋葉原店上野御徒町店

3,980円(税込4,179円)でめがねが買える!!

あなたもメガネをおしゃれに着替えませんか?

 フレーム +レンズ+ケースセット

子供の遠視<子供のいるお母様は是非読んでください。>

簡単な視力の基礎知識

■ 視力<見る力>とレンズ度数について

 

メガネを作るとき、お客様に「今のメガネレンズの度数はおわかりですか?」と質問すると、たいてい「1.0ぐらい」とか「裸眼で0.2」ぐらいとか回答がかえって来ます。ほとんどの方が「視力」とメガネの「レンズ度数」を同じ事のように捉えていると思います。まあ専門家ではないのでしょうがないと思います。

視力とは目の見分ける力を数値化したもの、メガネレンズの度数はレンズの力を数値化したものです。

単純に視力が0.1といっても、近視、乱視、遠視、または、近視+乱視の混合で視力が「0.1」の方だって居るわけです。視力を補正するメガネレンズもそれぞれ近視用、遠視用、乱視用ではまったく違う性能を持つレンズです。

たとえば2人とも同じ視力で0.2だからといって、同じレンズ度数でメガネを作ったら2人ともはたして視力は上がるでしょうか?

答えは「ノー」です。その人の眼に適したレンズでなければ視力は正しく補正はされす視力は上がりません。

「視力」と矯正に使う「レンズ度数」とは全く別の概念です。

もどる→

■ 眼の「視力」ってなに?

 

人が 「物体の形や存在を認識する眼の能力」を示します。

簡単に言い換えると、人間が勝手に基準を設けて、人の眼の物体の認識力を簡単に数値化したものです。

視力の定義

視力とは:

対象物をどれだけ細かく見分けられるかという能力を表す尺度の基準をいいます。視力表でおなじみのランドルト(氏)環は、1909年の国際眼科学会で国際基準の視標として定められました。ランドルト氏環の切れ目・太さは、外径の1/5となっています。5mの距離で外径が7.5mmのランドルト(氏)環の切れ目1.5mmが分かる視力を1.0と定義しています。

ランドルト(氏)環

【視力の種類】

裸眼視力

矯正しないでそのままはかった裸眼視力のことを指します。

矯正視力

メガネ・コンタクトを使用し矯正した視力のことを指します。

遠方視力

遠くのものを見る視力、遠方視力検査は日本では5mの検査距離で5m用の視力表を使用して行うのが一般的です。

近方視力

近くのものを見る視力、日本では眼前30cmで近距離視力表(30cm用)を使用するのが一般的です。

片眼視力

左右それぞれの片眼を遮蔽してはかった視力のことをさします。

両眼視力

左右両方の眼でみた状態をはかった時の視力のことをさします。

中心視力

眼に異常がない網膜の黄班部中心窩でみた視力、これを中心視力といいます。

静止視力

一般的な視力表ではかる視力、静止しているものを静止した状態で見分ける視力です。

動体視力

動いているものを見分ける、自分が動いている状態で静止したものを見分ける時の視力。

深 視 力

左右の眼がとらえた平面像が脳の中で重なることで立体は認識される。その結果、容易に立体の奥行き距離がわかる。このような視機能を深視力とよんでいます。

もどる→

■ メガネレンズの「度数」ってなに?

 

簡単に言うと光を曲げる力<レンズの屈折力>を判りやすく数値化したもの。

レンズには凸レンズ<遠視用>と凹レンズ<近視用>があります。そのため度数にも「+」「-」が表示されます。

たとえば処方箋でS値<S=球面度数>のところに、「-1.00」と書かれていたら、あなたは近視です。
そしてマイナス数値が大きいほど「近視が強い」となります。

メガネレンズの屈折力を「度数<ジオプタ>」といいます。

 

メガネレンズの基礎知識はココをクリック

もどる→

■ 眼の個体差と性能について<眼の性能は人によって違う>

 

眼の性能はそれぞれ人により大きく違います。また人の右眼・左眼でも性能は違います。

たとえば○○さんと××さんの視力が同じとします。○○さんのメガネは検眼し視力1.2が見えるからといって、××さんも同じレンズ度数でメガネを作っても 視力1.2が見えるかはわかりません。

このことは<1.視力<見る力>とレンズの度数について>で書いたことです。
眼の力とは個々の個体差があり、見える性能もバラつきがあります。
だれでも視力が同じだからといって同じ視力まで補正できるとも限らないのです。「レンズ度数を上げると視力は上がる!!
との考えの方も間違いではないのですが、これも個人差があります。

確かににある程度までは度数と共に視力は上がりますが、ある度数を越えると逆に視力は低下していきます。その低下する頂点を完全矯正度数といいます。

また、なぜ個体差があるのかは、それぞれ眼の性能視神経自体の伝達能力、脳と眼の発達や性能に差 があるからです。

もどる→

■ メガネを掛けると眼が悪くなるの?

 

眼が悪いとはどういうことなのでしょうか?一般的には眼が見えにくい<視力が上がらない>ことを指すと思います。しかし一口に眼が悪いといっても、実は基本的に3つに別れます。

1.

完全矯正度数の度数が低く、視力が上がらない場合

   視神経自体の伝達能力が無くなってきている状態です。

2.

完全矯正度数の度数は高く、視力補正で視力は上がる場合

   視神経自体の伝達能力はあり、補正<めがね・コンタクト>で視力回復が望めます。

3.

完全矯正度数の度数は高く、視力もあがらない場合

           眼科医師と相談が必要だと思います。

視力が無いままメガネを掛けずに放置すると、視神経は刺激されないため退化し続け、伝達機能の低下を招きます。

人間の体は、その機能が必要だから備わり、必要が無ければ退化することを忘れてはいけません。たとえば足でも、歩かなければ退化し歩けなくなるのです。適正な神経や脳への刺激は必要なのです。

眼は見えることで視神経の伝達機能を保持しているのです。

適度に見えるということを維持することは非常に重要です。

そのための眼が悪い人はメガネを掛ける事は必要なのです。安心してご使用ください。

しかし、最近は過矯正下記/過矯正・・>も増える傾向にありますので私たちメガネ屋側も少し意識して視力テストを進める必要がると思います。

ワンポイント:

<完全矯正度数?>:視力が上がらなくなる度数!!→上記「4.眼の固体差と性能についてを参照」

もどる→

■ 正視・近視・遠視・乱視ってなに?<屈折異常って?>

 

「正視」「近視(近眼ともいう)」「遠視」「乱視」とはどういうことなのでしょうか?

「近視」「遠視」「乱視」といった目の状態を屈折異常と呼び ます。

屈折異常とは眼が調節を全く働かせない状態、つまり、目がリラックスし、水晶体が最も薄い状態(無調節状態<遠方視力>)のときに、ピントがどこに合うかで分類されます。

@【 正視とは 】

これが眼の正常屈折の状態です。

正視は、無調節状態で像の焦点が網膜上で結ばれる状態でハッキリと見えます。裸眼で自己調節が出来る状態です。

A【 近視とは 】

近視は、無調節状態で像の焦点が網膜の手前で結ばれる状態ですハッキリとは見えません。どんなに自己調節しても無調節状態以上に力を緩める事は出来ませんので焦点を網膜上へもってくることはできず。自分では調整できません。

B【 遠視とは 】

遠視は、無調節状態で像の焦点が網膜の後で結ばれる状態です。

強度遠視であれば、近視のようにどんなに自己調節しても焦点が後にあり過ぎて網膜上へもってくることはできません ので。遠視のメガネがないと見えません。

問題は弱度遠視の場合です。

焦点が少しだけ網膜より後にあるだけですので、近くを見る時と同じに神経と筋肉の緊張で網膜の上に焦点を無理に調整が出来ます。そして緊張は無意識に自律神経が行ないますので、正視のようにハッキリと見えてしまい、「自分は目が良い」と思い込んだり、眼科でも正視と区別がなかなか難しいのです。

 

弱度遠視の場合、遠くを見ても近くを見ても常に自律神経で焦点を調整している状態の為、疲労が蓄積されていろいろな自覚症状が出る場合があります。

 

<弱度遠視の場合>

筋肉の緊張で網膜の上に調整でき、正視のようにハッキリ見えます。

C【 乱視とは 】

乱視は、無調節状態でどこにも一点で焦点を結ばない状態のことを指します。近視や遠視は焦点が網膜上にはありませんが焦点は一点で結ばれます。乱視は角膜<レンズ>の歪みによって起こります。

弱度遠視は問題が多い

たとえば上記Bの弱度遠視の状況は、近視の人が強すぎる<過矯正>眼鏡を掛けている状態と同じです。そうですこの過矯正の状態が弱度遠視の人のメガネを掛けていない裸眼の状態です。

近視の人で、処方を間違えて強い度数のコンタクトやメガネを作ったことはありませんか?度が強くっても少しならよく見えます。しかし過矯正でも見えますが永く使用すると非常に目が疲れたり、ひどい人は頭痛がしたり肩凝りが起こったり、気分が悪くなったりします。

生まれながらに弱度遠視の人は遠視にも関わらず神経と筋肉の緊張で過矯正状態です。そして生まれつきですから緊張している自覚は本人にはありません。「自分は視力が良い<正視>」と思っています。まさか頭痛や肩凝り原因が遠視とは気づきません。このように弱度遠視の場合は自覚症状がないまま疲労を蓄積している場合が多く、しかし「自分は眼が良い」とメガネを掛けることもしないでいる場合が多いのです。

本当は弱度遠視の人ほどメガネで適正に矯正をしたほうが眼精疲労や慢性の肩こりなどの大きな緩和になります。

弱度遠視を発見し自覚する方法

さらに弱度遠視の人が「自分は弱度遠視だ!!」と自覚することはなかなか難しいのです。普段の生活では、目は見えるし、見えますからメガネ屋にも眼科にも行く機会がありません。またメガネ屋や眼科で眼の測定器<レフ>を使って測定をしても、神経と筋肉の緊張で若干近視よりに自律神経でコントロールを常にされていますのでデータとしても取れません。まったく無調節状態でなければなかなか弱度遠視は見つけることが出来ないのです。まったく無調節状態など日常生活では無理です。

方法として唯一あるのは、眼科で検査のときに目の緊張をとる目薬で、人為的に無調節状態の目の状態をつくれば検査で発見ができます。

もどる→

■ 過矯正って恐ろしい!!

 

あなたは過矯正と言う言葉をしっていますか?

この前章の「正視・近視・遠視ってなに?<屈折異常って?>」で触れたのでもうお分かりだと思いますが・・・

最近、目の悪い人が増えメガネやコンタクトは生活の必需品です。特に近視の人の割合はとても多く、目が悪い=近視ともいえるほどです。

過矯正とは近視の人のレンズの度数を適正矯正以上に強くし過ぎることを言います。過矯正は目の緊張を高め、眼精疲労から頭痛や肩こりを誘発したりと大きく体調に影響をします。

過矯正の原因は、メガネの過度の度数矯正<レンズが強い>のために、遠方視(遠くを見る状態)でも眼の筋肉(毛様体)が緊張したままになる状態の事です。眼は近くを見るときに筋肉(毛様体)が緊張しピントを合わせ、遠くを見る時は筋肉(毛様体)の緊張を解放し疲れをほぐしているのですが、レンズ度数が適正より強く、近視寄りに調整されたレンズを使用すると、遠くを見るときにも毛様体は解放出来ず緊張したままになります。これが過矯正で眼精疲労を誘発します。

最近、この過矯正のメガネを多く見かけます。来店されたお客様で、お持ちのメガネのレンズパワーをレンズメーターで計ると度数の強い方が多い事に驚きます。

この過矯正は、メガネを作るために視力テストをする検眼者の技量的な問題もあります。たとえば「どうしても見えるレンズを入れようとする」またメガネの利用者側に問題がある場合もあります。「以前の眼鏡よりよく見えた方がいいと考え強いものを求める」など、しかし普通に生活するにはそんなに強いメガネを掛けなくてもOKです。やはりTPOにあわせてメガネは適正な度数のものを利用したいものです。

もどる→

■ 各種免許の視力基準

 

■免許に必要な視力■

自動車

第一種
大特・普通
普通仮免・二輪

両眼で0.7以上、片眼でそれぞれ0.3以上。

 ※眼鏡・コンタクトレンズ使用でも可。
 ※片眼だけの方は、視力0.7以上で視野150゜以上。

第一種

大型・けん引

第二種

大型・普通
大特・けん引

両眼で0.8以上、片眼でそれぞれ0.5以上。

深視力検査の誤差6cm以内(3回の合計)

 ※眼鏡・コンタクトレンズ使用でも可。

原動機付

自転車

小型特殊自動車

小特・原付

両眼で0.5以上

 ※眼鏡・コンタクトレンズ使用でも可。

船舶免許

矯正視力が両眼共に0.6以上

片眼が0.6未満の場合は、0.6以上見える方の眼の水平視野が150度以上必要です。

 弁色力:色盲又は、強度の色弱でないこと。
 色弱の方はパネルD-15による所定の診断書が必要です。

パイロット

第1種

定期運送用操縦士

事業用操縦士

1等航空士

航空機関士

(1) 次のイ又はロに該当すること。ただし、ロの基準については、航空業務を行うに当たり、常用眼鏡(航空業務を行うに当たり常用する矯正眼鏡をいう。)を使用し、かつ、予備の眠鏡を携帯することを航空身体検査証明に付す条件とする者に限る。

イ、各眼が裸眼で1.0以上の遠距離視力を有すること。

ロ、各眼が裸眼で0.1以上の遠距離視力を有し、各レンズの屈折度が(+-)4ジオブトリーを超えない範囲の常用眼鏡により各眼が1.0以上に矯正することができること。

(2)裸眼又は自己の矯正眼鏡の使用により各眼が30センチメートルから50センチメートルまでの間の任意の視距離で近距離視力表(30センチメートル視力用)の0.5以上の視標を判読できること。

(3)正常な両眼視機能を有すること。

(4)正常な視野を有すること。

(5)夜間視力が正常であること。

(6)眼球運動が正常であり、かつ、眼振がないこと。

(7)色覚が正常であること。

第2種

自家用操縦士

2等航空士

航空通信士

(1) 次のイ又はロに該当すること。ただし、ロの基準については、航空業務を行うに当たり、常用眼鏡(航空業務を行うに当たり常用する矯正眼鏡をいう。)を使用し、かつ、予備の眠鏡を携帯することを航空身体検査証明に付す条件とする者に限る。

イ、各眼が裸眼で0.7以上の遠距離視力を有すること。

ロ、各眼が裸眼で0.1以上の遠距離視力を有し、各レンズの屈折度が(+-)5ジオブトリーを超えない範囲の常用眼鏡により各眼が0.7以上に矯正することができること。

(2)裸眼又は自己の矯正眼鏡の使用により各眼が30センチメートルから50センチメートルまでの間の任意の視距離で近距離視力表(30センチメートル視力用)の0.5以上の視標を判読できること。

(3)正常な視野を有すること。

(4)夜間視力が正常であること。

(5)眼球運動が正常であり、かつ、眼振がないこと。

(6)色覚が正常であること

 

メガネレンズの基礎知識はココをクリック

 

もどる→

子供の遠視<日本眼科医会HPリンク>

 

【小さいお子様のいるお母様は是非読んでください。】

目は唯一「体から出ている脳」と言われるほど重要な機能を持つ体の器官です。

そして、私たち めがねおーはメガネという、体に身に付けて五感の機能を補い携わる商品を販売する仕事です。日々お客様と接し、その中で、日々感じたり思ったりすることは沢山あります。

このページの前章でも弱度遠視について書きました。

「子供の遠視」 の調整は、メガネ屋での知識レベルですが非常に成長に重要です。

人は生まれてから外界の刺激により体の各器官の機能が発達します。

生まれたばかりの赤ちゃんの目も同じです。最初はあまり良くは見えません。

生まれてから物にピントを合わせたり、二つの目で両眼視したりと成長とともに発達します。

そして発達には発達時期(発達年齢)があり。

発達するには見えるという視力が適度に必要です。

参考になるサイトをリンクしてります。小さいお子様のいるお母様は読んで頂ければと思います。

もどる→

オプトメトリーという考え方

 

【 不思議な体験  】

2008年に、めがねおーのメンバーでメガネの流通の勉強の為、ある札幌のメガネの会社の有名な二代目社長と食事をする機会がありました。その食事の席での話です。

会食の途中、二代目の社長が当社社員<当時は青学の大学生>に対して 質問をしました。

質問内容「あなたはとても肩が凝りやすくないですか?」

質問内容「本を読むとき、意味を理解するためにページをもう一度読み返したりしませんか?」

社員は、尋ねられた事が的を得ている ことに驚き、「はい」と答えました。

                ・

                ・

その時、 二代目の社長の話は、視覚機能 <ビジョン>という考え方でした。

二代目社長は、会食のわずかな時間に、当社社員の眼球運動や両眼連係の動きを見て、視覚機能 <ビジョン>という観点から先ほどの質問をしたのです。

 

眼はよくカメラのように例えられます。確かに眼の機能だけを見ればその通りだと思います。

でも人間の眼を考えると き 、「見る」という行為は、カメラのように、ただ単に映像を見て成し得る機能だけではないことがわかります。
眼は映った映像を、五感などの感覚、脳に保存された情報と照合・記憶し、そして意味を与えながら「見ている」のです。これが「視覚機能 <ビジョン>」です。
視力はハッキリ見るという仕事をしてくれますが、ビジョンは、見たものを「意味ある情報」へと導き、さらに重要な仕事をするわけです。ここが視力と視覚のちがいです。

日本では、一般的に 眼については視力が良い悪いだけを問題にしますが・・・、

本当は「視力」と「視覚機能 <ビジョン>>>」のバランスと連携機能が重要なのです。 

【オプトメトリーとは】

視力と視覚機能 <ビジョン>を考える科学のことです。

視覚機能<ビジョン>とは

  @ 視力・眼球運動・両眼連係・調節などの眼の情報入力および補助機能。

  A 映像情報を認知・記憶・イメージ・呼び出しなどの脳の情報処理機能。

この2つの機能を統合した処理機能を視覚機能<ビジョン>といいます。

視力も重要な機能ですが、視力がよくても他の@Aの機能に問題があれば適切に脳での処理をして記憶したり・動いたり・判断したりすることができません。

ここが視力視覚機能<ビジョン>の違いです。

日本では、まだ「オプトメトリー」という考え方は あまり普及していません。

しかし、人間の見えるという機能を考えると、「視覚機能<ビジョン>」は重要な考え方です。

参考になるサイトをリンクしてりますので読んで頂ければと思います。

 

【子様のいるお母様は是非読んでください。】

もどる→

眼の基礎 視力? レンズ度数? 過矯正は恐ろしい 免許の視力 弱視 子供 オプトメトリー 屈折異常 

 

視力テスト/メガネ加工料は基本的に無料!!

■視力テスト無料

<カーブレンズ視力も!>

■基本加工無料

(特殊加工別)

お渡し時間/最短45分

■即日45分渡し

 *混んでいる時は最大90分
 *オーダーレンズは別

メガネレンズ交換激安3980円〜/最短45分/国内メーカー

■レンズ交換

*他店購入のレンズ 交換OK
*どんなフレームでもOK!!
■即日45分渡し
 *在庫レンズに限る

キャンペーン情報

僕はガオー君です
ココをクリック

今人気のフレーム

オークリー クロスリンクのレンズセットも激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネ スポーツメガネ スポーツサングラスも激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネレイバンメガネ レイバンサングラスも激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネ人気の哀川翔 サムライ翔のメガネも激安めがねおー 秋葉原メガネ 上野メガネ 御徒町メガネ

激安メガネもめがねおー秋葉原店 めがねおー上野御徒町店

激安メガネのめがねおー秋葉原店ブログ | めがねおー上野御徒町店のブログ

めがねおー公式twitter | めがねおー 公式facebook | めがねおーYouTubeページ

 

■ブラウザの文字サイズは「小」でご覧頂くと最適/設定方法は[internet Explorer]では「表示」→「文字サイズ」→「小」の設定できます。■

激安メガネの3980円めがねおー | レンズ交換も激安 秋葉原 上野 御徒町 | 東京

Copyright(C)2003 めがねおー. All rights reserved. 画像・文章などの無断転載はご遠慮下さい

ネットで出会い